カード破産に関する情報が満載!

カード破産には気をつけて / ロゴ

カードローンの審査に通りやすくなる3つのポイント

カードローンの審査に通りやすくするためには、申し込みの際に3つのポイントをおさえておく必要があります。
1つ目は、複数の会社に同時に申し込みをしないことです。
複数のカードローンに同時に申し込みしてしまうと、金融業者からお金に困っている人とみなされてしまいます。
申込履歴は信用機関を通して確認することができるため、隠すことはできません。
複数の会社から借入したいのであれば、1つの会社の審査結果が出たあとで、申し込むようにしましょう。
2つ目は、限度額を控えめに申請することです。
申し込みの際に、限度額が自由に設定できるようであれば、欲を出して大きな金額に設定せず、最低限必要な金額を設定するようにしましょう。
限度額が低ければ、それだけ審査に通過する可能性も高くなります。
3つ目は、申込書の記入間違えをしないことです。
申込書の記入漏れや誤字脱字などは、申込者に悪意がなかったとしても、金融業者からは嘘の情報と判断され、信頼できない人とみなされてしまいます。
そのため、これからカードローンを申込むときは、住所の番地や電話番号、漢字などの間違いがないかどうかを最後にしっかり確認してから申し込むようにしましょう。

銀行と消費者金融、どっちのカードローンがお得?

カードローンには銀行系と消費者金融系の2種類があり、それぞれに長所と短所があります。
銀行系カードローンの最大のメリットは、金利が低いことです。
限度額も高いため、長期間にわたって借り入れしたい方におすすめといえます。
また、消費者金融と違って総量規制の対象外であることもメリットのひとつといえます。
改正賃金業法で定められている総量規制は、利用者の年収3分の1以上の融資を禁じていますが、総量規制の対象となるのは消費者金融や信販会社などの貸金業者で、銀行は対象外です。
そのため、高額融資を受けたい方におすすめといえます。
ただし、それだけ審査は厳しく、審査にかかる時間も長いのが特徴です。
一方、消費者金融系カードローンは、比較的審査がゆるく、審査時間が早いのが最大のメリットといえます。
審査結果は最短1時間以内ですませる業者が多く、中にはインターネットで申し込みをすませればその場で審査結果を教えてくれるところもあります。
ただし、銀行に比べて金利が高く、総量規制の対象であるため年収の3分の1以上の融資を受けることはできません。
銀行と消費者金融、それぞれにメリットとデメリットがあるため、どっちがお得か一概に判断することはできません。
利用者にとって利用しやすい方が一番おすすめの金融業者といえます。

おすすめWEBサイト

石垣島のシュノーケリングに申し込む

京都で和装前撮り

ノベルティ 名入れ

最終更新日:2018/5/31

『カードローン』 最新ツイート

@cashing2011

キャッシングは小額なら簡単に借りれます。所得証明も必要無いケースが多いです。逆にカードローンは小額の融資の申し込みができないケースが多いです。この場合、所得証明などの書類が必要になります。

4分前 - 2018年06月19日


@cafe_money

カードローン以外でお金を借りる方法 https://t.co/Op7H2ktDkG

5分前 - 2018年06月19日


@hi08yo05_0002

今さら聞けないキャッシングとカードローンの違いとは?覚えておくと便利ですよ! https://t.co/Inp60MiUl8 #キャッシング #カードローン

6分前 - 2018年06月19日